ブログ

営業の格言  売上は全てを癒す 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業力、じぶん事化、組織作り、リーダーシップ、幹部育成を軸に、中小企業の経営・営業のコンサルティングをさせていただいている、ビズラボ人見です。

「営業の格言」について

このブログでは、少しでも気づきを得ていただける内容を、発信しようと考えています。

ただ、これまでコンサルティングをさせていただいた実例において、クライアント企業が好転するポイントを振り返ると、一度として同じであった事がないという事実があります。

つまり、例えば営業力、その要素はメニューとしてお出しできるのですが、その項目は多岐にわたり、課題は複雑に絡まっており、その改革の糸口となる「Keyコンセプト」はまちまちです。

営業戦略、仕組み、メンバーの指導力、コンサルティングセールステクニック、基本的なPDCA、営業会議の進め方など、どのテーマをとってしても、優先事項でなければ、日々現場で起きている「壁」とは関係なく、机の上の話です。普段の、私の仕事は「Keyコンセプト」を見出すところから始まります。しかしブログという様々な方がご覧くださる場所において、絞り込むことはできませんし、逆に全てを書き出すと、書籍とすれば数百冊レベルになる・・・。

よって、この営業の格言のコーナーでは、戦略〜仕組み〜営業個人のスキルやマインドセットまで、あらゆる項目について、「キーフレーズ」を次々とご提示し、チラッと見ていただくことで、「Keyコンセプト」までたどり着けずとも、キッカケとなるフレーズを見つけていただけるコーナーとさせていただければと考えています。

格言と書かせていただいていますが、著名な経営者の言葉、経営戦略論などアカデミックな立場の方の言葉、そしてトップセールスマンと言われる人の言葉、私自身の言葉、あらゆる言葉をご紹介します。

売上は全てを癒す

これは有名な言葉ですので、申し上げるまでもないでしょう。
あらゆる業種、規模の企業に向け、共通する格言です。

結果が伴う組織は、リーダーシップあまり効いていなくても、すべてがプラスのスパイラルで動き出します。

経営の選択肢は増え、メンバーのモチベーションはあがり、自信を得、顧客貢献感を感じ、職場の空気は熱気を帯びてきます。

逆の場合は、ご提示するまでもないでしょう。
私がご相談を受けるケースでも、お目にかかった時はすでに手遅れ、「もう無理だと思うが第三者の客観的判断もいただきたい」というご相談である事もあります。

「売上は全てを癒やす」、経営者、幹部、そして営業部門のマネージャー、メンバーの方であれば、相当深い実感を持って共感されることでしょう。

売上至上主義 と否定的な言葉もありますが、これは
・単に数字だけに着眼し、伴なった力を合わせて把握しない経営やマネージメント
・粉飾
・5%アップなど、数字だけ掲げ方法論のないリーダー
などを指し、本質を欠いているケースです。

よって「売上は全てを癒やす」このことは事実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事