ブログ

vol.26 「有り難い」2018年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。
ビズラボ人見です。

2018年を振り返って、
こんなにいい一年って、これまでにあったかなあ、と。

充実感でいっぱいで、
じわ〜〜〜〜っと、しています(笑)

感謝でいっぱい

(仕事柄、企業名や個人名は書けませんが)

・会社に訪問し、場の空気に触れるその度に、どんどん活気が増していて、
圧倒的に成長をされると確信できる(これ当たります)
お会社とご縁いただいたり

・超優良企業も顔負けの
インテリジェンスなベンチャー企業さんとご縁いただいて、
頭にビンビン電気ショックをいただいたり

・「社長が変わらないと、会社は変わらない」。
その信念からぶつかって、期間のあいた経営者の方から、
「また手伝ってほしい」とご連絡いただいたり

お〜〜〜、なんということだ!
いただいてばかりじゃないか!!!
「有り難い」、って難しいがあるって書く。
起きていることは、すごいこと。容易に起き得ないこと。私を成長させてくれること。
「ありがたい」、「ありがとう」ございます。

有り難いとは、ほんとうは難しいとココロに刻む

こうやって、ご縁をいただく
心のキャッチボールの機会をいただく
お役に立たせていただける機会をいただく
これがどれほど、かけがえのないことか。

世の中には、
私がやっているようなサービスを行う会社はごまんとあって
でもそんな中で、出会えたこと、選んでいただけたこと。

有り難いとは、
いまこうあることは、本当は難しいこと、容易でないこと
あたり前ではないこと、と
ココロに刻むほどに、嬉しく感じることですよね。

アリガタイ の 反対は アタリマエ
そう、あたり前、じゃなく、すごいこと
そう感じることができるかどうかが重要ですよね。

そういう私も

忙しいとき、疲れているとき
この「有り難い」への感度が下がりがちだけど

「有り難い」をもう一度思い起こそう!
おおい、忙しさの中にいる私よ!

アタリマエに、感じている今日をもう一度振り返り、
「有り難い」と思えれば

忙しさも、疲労感も、緩和する。

お役立ちできる自分でいるための、スタート

この「有り難い」を感じられる、コンディションを整えること
これが「お役立ちできる自分でいるための、スタートなのだと」

ようやく、ココロから理解できるようになった気がします。

まず、毎日をながさない、出会えることをながさない。

日々、すごいことが起きているのだから。

あたり前ではない、有り難いに、
あらためて視点をあててみよう。

2018年は、「有り難い」ことで埋め尽くされていました。

すべての方へ、心からありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事