ブログ

数字が厳しい時こそ休む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数字が厳しい時こそ休む

営業は自分を追い込みがち
種まきや提案の準備は重要ですが

数字が芳しくないからといって
睡眠や食事が疎かになるほど
無理をするのは本末転倒。

お客様が、前を・上を向く支援者

素晴らしい提案も大切ですが
なによりあなたはクライアントの
支援者・応援者でなければなりません。

何らかのプロジェクトを抱えたお客様を支えるには
まず、あなた自身が、お客様が前を・上を向くことを
支えるのが、最初。
ですから、ご自身のエネルギー・元気が
何より大事なのです。

休んでいても頭から離れないなら

休んでいても、頭から離れないということは多いです。
そんなときは、頭”も”、他に集中しなければならない状況を作りましょう。

運動をする、足元に注意が必要な場所を歩く(山登り、川原の散策など)
映画もいいですよね。

体も頭も、数字から話しての、気分転換です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事