ブログ

ビジョン不要論に反論


最近読んだ本から

あの企業が世界で急成長を遂げる理由 THE VISION
江上隆夫著 朝日新聞出版

久しぶりにスカッとした。
たぶん、ミッション・ビジョン・バリュー・クレドなどの専門家であれば
あれこれ指摘するかもしれないが

この本はこれからのリーダーの基本図書である。

企業が組織として文化として
スピードと方向性を明確にするためには
ビジョンはやはり必要なのだ。

そのことを、リーダーへの激励として
書いておられる。

どう進むべきか、
事実、リーダーたちが迷う時期だからこそ

ブランディングを専門とする著者として
もう一歩踏み込まれたことに
敬意も感じながら。


    関連記事