ブログ

中小企業も大企業病


創業し、最初は社長が1人走り回ります。
このままではいけません。

組織をつくり部門をつくる
専門家を育て、生産性をあげる。

これはMUSTです・・・

ところがしばらくすると

製造部門は、人事部は、営業部は・・・
それぞれの部門の理屈を前面にだすようになります。

若い方、
入社して、製造部しか知らないなら
自然なこととも言えます。

この状態が大企業病。
規模が小さくても、大企業病です。
セクショナリズムとも言います。

だれでも視座は下がります。

事業全体を俯瞰する機会がなければ
また俯瞰する方法を教えてなければ

視座が下がることは、自然とも言えるでしょう。
自分たちのこと、自分の理屈を優先するのも自然です。

だからこそ、事業を俯瞰する力をつける
営業のように顧客に接する人が
顧客目線で自分たちの仕事を語る。

顧客からの「ありがとう」「おかげさま」
その声のために経営していると

原点に立ち返ることを
忘れないでください。





    関連記事