法人向けサービスー For corporations ー

ビズラボは中小企業の
“成長期”を支援しています

会社を起業し市場に新サービスや新商品を導入、知名度もない中で事業を軌道にのせるため、経営者自身がプレイヤーとして走り回るのが「①導入期」です。
次第に顧客やファンが増え、売り上げが文字通り成長局面に入ると「②成長期」と呼びます。

この成長期を乗り越えられない会社は非常に多く(中小企業全体の97%が乗り越えられず、成長が止まるか創業者の一代で廃業へ)、壁があるという意味合いから、組織の壁・3億の壁・10億の壁とも呼ばれています。

成長期に重要なことは、経営者がプレイヤーを卒業し、真の経営者となることです。
つまり、ご自身が走り回ることで成り立つ会社経営を卒業し、経営者が出す方針や仕組み、幹部やリーダーにより動く組織づくりが必要となるのです。

ビズラボは、事業のプレイヤーとしてはプロでありながら、方針を出すこと、また組織づくりにとまどう経営者の伴走者として、それぞれの課題を親身に支援しています。

成長期の課題と弊社サービス

この成長期によく見られる課題を、整理したのが次の表となります。
ご覧いただくように、経営理念や方針・戦略といった経営者のお考え(下方)まずスタートとなります。
そのご方針を実践するのが外部(マーケテイング・営業)や内部(内部体制)のオペレーション(上方)となりますが、方針通りのオペレーションを可能とするためには、もう一つ組織作りが必要となります(中央)。
御社の課題はどこでしょうか?
弊社では課題別にサービスをご用意しております。

主なサービスー MAIN SERVICE ー

経営者向けサービス

会社の方針、事業計画、組織づくりに悩んでおられる、またその時間がない経営者向けサービスです。

組織づくり

経営は順調だが、組織の活性化、人材育成をどのようにしたら良いかわからない企業向けサービスです。

営業力獲得

営業方針や売上目標の共有、結果につながる仕組みづくり、そして営業スキル獲得のサービスです。

成長の人事評価制度

会社の成長は社員の成長にある。強い組織を実現するキャリアパスと教育プログラム作成サービスです。

クライアントの声ー VOICE OF CUSTOMER ー

  • 経営者の焦りがブレーキだった

    社員たちに主体性を持って欲しい、自分たちで新規開拓をできるようになってほしい。2つの大きな課題があり、いろいろな研修会社にも相談してきました。
    ところが社員たちは、何をしても尻込みするばかりでなかなか上手くいかない。人見さんは、こんな弊社のどこに課題があるのかを探りながら、社員たちの心のブロックを外し、新規開拓力を指導してくれました。そして、出来るようになることで自信や主体性も育つようになりました。

    思い返せば、経営者である私の焦りやメンバーをどこかで信じていなかったことが、そもそもの原因だったと思います。会社がバラバラになるところでした。続けて人事制度の見直しをご相談しています。

    広告・販促会社経営(50代)

  • デジタル化が進んでも営業は重要

    弊社は他社に先行したビジネス、問合せが多く売上げも順調でした。
    しかし、このことがマイナスにもなっていて、営業やマーケティングについては、学ぶ機会がありませんでした。昨年あたりから同業他社がどんどん参入、問合せが減って焦るようになりました。
    うちは、ほとんどがエンジニア、リード(見込み客)づくりの経験もない、営業の発想すらない、どう動いていいかわからない。

    そんな中、臨時の営業企画部のような立ち位置で支援してもらいました。営業とは、顧客の課題と自社の価値をマッチさせる仕事だと学ぶことができました。営業にスイッチしてくれた担当者だけでなく、僕も含めてエンジニアたちの視座も高くなったように思います。

    Saas事業会社経営(40代)