ライフシフトを考える

ライフシフトを考える

VOL①ライフシフトに向けた棚卸&準備

〜どんなベースキャンプを目指すのか?
会社に残るか?起業するか?という2者択一ではない第3の道〜

本業も副業も成果を出す「ハイブリッドワークシフトする」という考えと実践は、ライフシフトを目指す第一歩と考えます。

その一歩とは、

自分はサラリーマンだから・・・を理由に夢や可能性を封印し、いつの間にか他人に自分の人生を握られてしまう状態から抜け出すことであり、

組織の仕組みの中での能力獲得に終始するだけでなく、不確実な時代に変化対応できる応用可能なスキルや視座そして人脈獲得に、ギアをチェンジすることでもあります。

今回の分科会は「人生の主導権をサードプレイスの仲間とともに取り戻すこと、また主導権を持てる方は、変化対応できるギアチェンジの機会とすること」がテーマです。

具体的にはそれぞれが自分自身の人生を「会社(ジブンカンパニー)」ととらえ「人生」という事業計画書を策定していきます。

その達成に向けてお互いが全力でエールを送り合う安心安全なベースキャンプとしたいと考えています。

サラリ―マンの基盤があるから最高といえる人生とその先へ向かう半年とします。

本分科会のオーナーは、大企業のマネージャー職でありながら副業実践し「本業」「副業」ともに成果をだすことの意味を実感してきたハイブリッドワーカーの高岡さんにお願いをいたしました。

 

このような方におすすめ

  • 企業にお勤めの一般社員・マネージャー職

ライフシフトを考える 概要

  1. 概要 グループワーク&個別セッション
    • グループワーク&個別セッションの組み合わせをベースに、ご希望の方には実践する週1プログラム
  2. ▼グループワーク
    • 毎月1回平日夜90分又は土日朝各90分 *どちらかに参加ください
    • 実施6回*各90分
  3. ▼個別セッション
    • 1か月目+3か月目+6か月目のワーク終了後
    • 実施3回*各60分
  4. ▼その他
    • FBグループをつくり情報・案内の受発信を行います
    • オンラインZoomにて、「参加自由」のウィークリー&マンスリーレビュー会を実施します(各60分)

ライフシフトを考える 進行予定

  1. グループワーク
  2. <1か月目>9月
    • ●自分のサラリーマン経験を可視化するワーク
    •  ・ライフビジョンづくり=ジブン会社の基礎づくり
    •  ・デイリービジョン策定とデイリーPDCA実践+ウィークリーレビュー
  3. <2か月目>10月
    • ●ライフ逆算シートづくりワーク=ジブン会社の長期事業計画書①
    •  ・ウィークリーレビューとマンスリーレビュー意識
  4. <3か月目>11月
    • ●10年ライフ計画づくりワーク=ジブン会社の中長期事業計画書②
  5. <4か月目>12月
    • ●2022年度ジブン会社 事業計画書策定ワーク
  6. <5か月目>1月
    • ●GPSづくり=四半期計画
  7. <6か月目>2月
    • ●全体振り返りと四半期計画修正とこれから(まとめ)

ファシリテーター

株式会社Map&RS コミュニケーションディレクター
合同会社TacT.Labo 代表
高岡 忠宏氏

大学卒業後、国内化粧品最大手メーカーへ入社。マーケティング部門でヒット商品を次々生み出す、ブランドリーダーにも抜擢されるなど活躍、しかし管理職になり本当にやりたいことからかけ離れていくことに疑問を感じ大転換。大企業のマネージャー職でありながら副業実践し「本業」「副業」ともに成果をだすことの意味を見出す。現在、32年間働いた会社を円満退社し、個人・企業向けコミュニケーション戦略・実践コンサルティング、その一方【社外上司活動】としての個人、組織向けにタイムマネジメントセミナーや講座を実施するなどサラリーマンのパラレルキャリアに向けた活動支援を行い、本業・副業ともに成果を出しながら家族円満で生きるハイブリッドワーカーを自らも実践するとともに応援している。

ライフシフトを考える お申し込み&お問い合わせ

    • 「ライフシフトを考える」ははたブキサロンの分科会の一つです。
    • サロン会員の方は、2つの定例会、6つの分科会に自由にご参加いただけます。
    • はたぶきサロン案内(最下部にお申込み&お問合せがあります)