経営者レジリエンス

People illustrations by Storyset

経営者レジリエンスの会とは

すべての責任とリスクを個人が負うという ハードな立場にある日本の中小企業経営者。
そんな方々にとって
(1)エネルギーを回復する場所として
(2)中小企業の実情に合う視点を獲得できる場所として

経営者レジリエンスの会を開催しています。

キーワード「互いに壁打ち相手になれる場所」

また、『ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。』の著者、株式会社ユサワフードサービス 湯澤社長をメンターにお迎えしております。
ご希望の方は、個別メンタリングいただけます。

こんなお悩みございませんか?

  • 経営について、相談できる人がいない。
  • 同じ経営者が集まる第三の居場所がほしい。
  • 小さくても強い会社・卓越した会社をつくりたい。
  • 事業承継について悩んでいる。
  • 自身の経験を若手起業家に伝えたい。

プログラム内容


・これらを年10回ほど開催しております。
・全国からご参加のため、基本はオンライン(90分/回)です。(リアル交流会を除く)
のプログラムについては個別相談となります。ご希望の際お知らせください。

経営者レジリエンスの会(説明会から一部抜粋)

サロンオーナーの想い

経営者自身が活力を取り戻せる場所があれば
中小企業はもっと強くなれる

社員数20〜30名の頃、成長が止まる企業は全体の97%。
その成長が止まる現場にて、「起業家から経営者に脱皮できない社長」、「仲間に裏切られた社長」など、多数の中小企業経営者の苦難に出会い支援プログラムを独自に開発してきました。
株式会社ビズラボは、事業承継やM&Aビジネスデューデリジェンス支援、幹部・マネージャー育成、人事評価制度設計、営業力アップなど、まさに中小企業経営者の伴走者として支援にあたっています。

一方何よりも重要なのは、経営者が孤独にならないこと、つまり、壁打ちできる仲間がいることだ、わたしはそう考えています。
信頼でき話を理解できる仲間さえいれば、経営者は自分の課題を冷静に整理できる、整理さえできれば対策を実践する能力は本来非常に高い方々、ご自身で乗り越え次の成長を引き寄せられる。

信頼でき話を理解できる仲間とは、ビジネスの利害関係がない他の経営者だ。ならばその場をつくろう。
「経営者レジリエンスの会」は、コンセプト「互いに壁打ち相手になれる場所」の下、2021年に発足しました。

現在、福岡から栃木まで、30代〜60代の経営者が集まっています。普段ご苦労されているからか、これ以上ないほどみな様お優しい方々です。そして信頼できる場がここにはあります。 どうぞお気軽にご参加ください。

人見 康子

株式会社ビズラボ 代表取締役
経営・営業・組織コンサルタント
はたブキサロン オーナー
心理カウンセラー)

経営者レジリエンスの会 お申し込み&お問い合わせ

経営者レジリエンスの会ははたブキサロンの分科会の一つです。
分科会会員の方は、分科会+定例会に自由にご参加いただけます。
年会費¥24,000、月割¥2,200

サロンのコンセプトや定例会詳細ははたぶきサロン案内をご覧ください。
詳細は説明会にて案内いたします。ZOOMにて30分程度(ご質問タイムを入れ最長60分)。
ご希望の日程をお知らせください。

説明会お申し込み・お問い合せ