ブログ

vol.29 1月遅れの手帳選び 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル?アナログ?

みなさんはスケジュール管理を何でされてますか?

会社にお勤めのかたはグループウエア、また一般にはグーグルカレンダーなどでしょうか?

わたしもここ数年はグーグルカレンダーでスケジュールを管理してきました。
そのままアポイント先の住所が連動する点や、メールに返信された予約時間が自動的に反映されるなど、便利なことはたくさんありました。

ただ実は手帳に戻そうかど、ずっと悩んでいました。
仕事の時間軸が、単発から年単位のものとさまざま、手帳のバーティカルのウィークリーカレンダーとマンスリーカレンダーのセットがわたしにはベターであるためです。

それでもグーグルカレンダーとした理由は、手帳は月と週、2回書かなければならない。
書く際に、ページを進んだり・戻ったりがやっかいですよね。

グーグルカレンダーは、表示を月、週、自在に変更可能、良いかと思っていましたが。

しかし、週表示で使い込むと、月表示では、結構ゴチャゴチャとなり、忙しくて充実しているのか、細かいことまで書きすぎなのか?が、可視化できませんでした。自分なりの略語を決める、また色などで工夫はしましたが、どうもだめ。
手帳にもどそうか、と時々考えていました。

わがままは まだまだ続き

さらに、できれば行動だけでなく、企画もの、作業ものも、すべて一元管理したいが希望です。特に、企画ものはガントチャート的に整理したいですよね。

理想(わがまま)はさらに続きます。
一番難しいのが、タスク管理です。ONだけでなくOFFのことも整理したい。

□株式会社◯◯◯◯ ◯◯社長へTEL
□◯◯業界における新規事業を調査
などと同時に

□エマール(中性洗剤)の補充を買う
□落ち葉の掃除
□体重を記録してダイエット
といったものも

並列に書いていくのは、どうも内容の重みに違いがあるため、違和感です。アプリでは時系列でならんでしまう。。。とするとシステム手帳に戻し、さまざまなリフィルを使うのが1つの方法ですが、ノートパソコンも持ち歩く日が多いため、重量でアウト!、この15年は敬遠していました。

重さも許容範囲 B6ピンク色の一冊

そんなワガママをほとんど解決してくれそうな一冊に出会いました。
伊藤手帳
ユメキロック セパレートダイアリー「ウィークリー&マンスリー」版 B6
これが重さも問題なし!カラーはピンクに。

上下にノートがわかれています。2冊が2段に入っているイメージ。
上にマンスリーのスケジュールを書き込み、そのページを開いたまま、下のウィークリーのバーチカルエリアに、詳細を落とし込むことができます。そして下のみページをめくることが可能です。

さらに上にも下にもプロジェクト管理できるページがあります。上をONもの、下をOFFもので整理してみました。これで企画もの、毎日のTO DO、体重の計測などチェックリスト的な管理も可能です。

心配は、おっちょこちょいなので、しおりの紐を引っ掛けて紙を破ってしまわないか、くらいでしょうか?

しばらく、伊藤手帳さんのユメキロックにお世話になってみます。

と、ゆっくりお買い物ができて1月遅れの手帳ゲット、
ようやく2019年がはじまるかのようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事